いいモノ[5]
しごと[11]
ぼくらの木のきちプロジェクト[1]
みはらしの丘の家[7]
ゆたくらがっこう  豊暮楽幸[0]
イベント情報!![8]
中山の家(仮)[4]
古民家ライフの家づくり[5]
古民家ライフ的農業のススメ[5]
小姓町の家[1]
小鳩山の古民家[4]
岩波の家[18]
嶋の家[9]
心縁寺[1]
思ふ事[10]
惣菜屋 彩美[1]
料理[4]
日々の出来事[31]
日記[46]
映画[1]
暮らしの道具と糀カフェ 晴間[0]
月山の家[2]
[2]
素材[3]
若葉町の家[1]
茅葺き[2]
[0]


2016/08/09
古民家ライフ現場便り *小姓町の家*
2015/10/01
古民家ライフ 新山アトリエ・工場 に栗の梁があがりました
2015/05/23
森びとの会 定例勉強会
2015/02/16
風土は、人を創造する
2015/01/26
山形の桜 伊勢へ(3)


古民家ライフ現場便り *小姓町の家*

小姓町の家、墨付け刻み作業に入りました。

 

一本一本材料クセ、面(ツラ)、節などを見極めながら墨付けしていきます。

 

今回は梁が8寸×4寸と太めの梁です。

組みあがるのがたのしみですね。

 

DSC_1239.JPG

kominkalife (2016年8月 9日 08:41)


古民家ライフ 新山アトリエ・工場 に栗の梁があがりました

本日、無事に古民家ライフの新山アトリエ・工場に栗の梁があがりました。
モノ造りをしていて本当にこれほど楽しいと感じる時は無いかも知れません。

本当は廃棄処分になるはずだった蔵の梁を譲り受けに行く。
使い道は時点ではまったく決っていない。
持ち帰ってその重さと大きさに少し後悔したりもする。
刻みに時間はかかるかも知れないけどちょっと背伸びして使うことに挑戦してみる。
どう使うか考えて、図面を描く。
そして、それが見事思い通りの形になる。

P1140788

形にする思考、それに伴う技術、それに伴う設備。
それがようやっとそろってきた感じです。

本当にあちこち迷いながら、ぶつかりながら、遠回りしながら。

きっと今が一番楽しい。
大工を志して本当に良かったと心から思えます。
この曲がった梁は古民家ライフが古民家ライフとしてやっていくひとつの約束ごと。

初心を忘れずこれからも精進して行きます。

P1140789

kominkalife (2015年10月 1日 23:12)


森びとの会 定例勉強会

20日・21日と森びとの会定例勉強会が神奈川県で行われました。

今回の目的は森びとの会のHPの運営方法と日影良孝さん設計、エコロジーライフ花さんで施工している物件の見学に行くことでした。

「泰山荘」と名付けられた建物の概要を設計者ご本から説明していただきながらの見学はとても贅沢なものでした。

収まりの上で苦労したこと、うまくいった事、こだわっていることころなど。

同じ建築を造るものとして本当にためになるお話でした。

森びとの仲間だからこそいえる、内訳の話なども聞けました。

P1140018-1

P1140001

P1140009

見ること。聞くこと。

そんなことが改めて大切だと思った森びとの会定例会でした。

 

 

古民家ライフHP http://www.kominkalife.com/

山形木のおうち http://kominkalife.jp/

森びとの会 http://moribitonokai.net/

kominkalife (2015年5月23日 20:07)


風土は、人を創造する

先日の今野華都子先生の山形古事記塾で先生がふと漏らしたお言葉があった。

シンドフジ。

どこかで見聞きした言葉。 

ふと思い出したのは小学校の卒業アルバムだった。

 

DSC_0272

やっぱりそうだった。

身土不二。心土不二。シンドフジ。シンドフジ。

性相不二。心身一如。ショウソウフジ。シンシンイチニョ。

と、書いてあった。

小学生にすぐわかるはずもなく、読み飛ばしていたが心のどこかに引っ掛かっていた言葉、癖のある字。

約30年前、先生が僕たちに託してくれた言葉。

それが今こうしてまた心の灯になる。

 

【心と土地、風土とは「不二」二つではなく一つである】

 

身土不二。シンドフジ。

身体と心を育み、人を創造する風土を残していきたい。

 

これを古民家ライフ株式会社の指針として、ここに記す。

kominkalife (2015年2月16日 22:28)


山形の桜 伊勢へ(3)

朝、桜の木を積んで山形を出発。

DSC_0105.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

移動には桜の状態を保つためにフェリーで移動しました。

山形を朝の8時半に出発して着いたのが翌日11時半、27時間の長旅となりました。

 

道場には初めてお伺いしましたが、素晴らしい場所だということは瞬間にわかりました。

DSC_0108.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

小雨の降る中、作業は順調に進みました。

 

そしてついにその一角に桜は植えられました。

DSC_0130.JPG

 

 

 

 

 

 

 

見渡す限り田圃と畑が広がるこの一角に山形の桜が根を下ろした瞬間でした。

しっかりがんばれよ、そんなおもいで植えました。

 

足かけ2年。

枝をもらってきては接ぎ木をしてみたり、地植えをしてみたり色々試みました。

しかしすべてうまく根付きませんでした。

 

今野先生の想いが通じ、たくさんの方の手によってこうして実を結んだ瞬間でした。

 

桜の木が欲しい。

そんな単純な子供のような想い。

 

桜の木がどうしてそのまま頂けることになろうか?

普通だったらありえない話かも知れません。

でもそんな思いがこうして形になった。

 

想いが純粋であればあるほど実現できるスピードも増してくるのかもしれません。

 

山形と伊勢との懸け橋。

一つまた強いつながりが出来たように思います。

寺崎造園の社長は今年から咲くと言ってくれました。

 

きっと山形の冬よりも暖かい伊勢で静かにしっかりと花を咲かせてくれることでしょう。

楽しみにその報告を待つことにしましょう。

 

kominkalife (2015年1月26日 21:45)


山形の桜 伊勢へ(2)

大井沢の桜を掘り起こしに行ったのは昨年11月30日。

雪深い大井沢は月山のふもとでもあり、11月にはすでに雪が降っておりました。

 

しかし、その日だけは晴れ。

P1120784.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽が顔をのぞかせ、降った雪もあらかた融けていました。

後日談になりますがこの2日後に大雪が降り、本当にぎりぎり

のタイミングでした。

P1120785.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事の依頼をしたのは寺崎造園さん。

74歳になる社長が指揮をとって下さいました。

移植するのは桜が休眠状態に入っているこの時期を逃すと無理なのだそうです。

一旦、山形市に運んで運ぶ時を待ちました。

そして決まったのが1月21~23日。

 

長年雪の重みに耐えた桜は

IMG_3816.JPGこのように割れが入っていました。

kominkalife (2015年1月25日 09:45)


山形の桜 伊勢へ(1)

1月21日~23日伊勢へ行って来ました。

目的は伊勢へ山形の桜の木を移植すること。

ご依頼主は世界一のエステティシャンのであり、やまとごころを伝えるために日本中を駆け回って講演活動を行っている今野華都子先生です。

さかのぼること2年前の春の事でした。

ご縁があり、今野先生と大井沢へ行った時のこと

先生のちょっと待っての言葉に車を止めました。

そこには雪に押しつぶされ地を這うように伸びながらも、力強く花をつけている桜の木がありました。

一行のだれも目に留まらなかった桜の木。

その時の模様はこちらに書いてあります。

今野先生のブログhttp://ameblo.jp/k-konnothalasso/entry-11541433975.html

偶然に偶然が重なり、昨年末には新たに新居を造ったためそこにお住いの方がいなくなった。

そして、譲っていただける事になったのでした。

全てのご縁を繋いで下さったのは松田佐吉さんでした。

それにしても桜の木丸ごと譲っていただけることなんてあるのだろうか・・・

とにもかくにもそうして伊勢への移植プロジェクトは動き出したのでした。

山桜.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続く・・・・

kominkalife (2015年1月24日 21:22)


古民家ライフ フェイスブックページ 

ブログの更新が滞ってしまっており大変申し訳ございません。

古民家ライフのフェイスブックページがございます。

https://www.facebook.com/kominkalife

こちらに日々の現場の出来事を細かく掲載しております。

ぜひご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

kominkalife (2015年1月23日 21:39)


I様邸 地鎮祭

平成26年8月12日 大安吉日の本日、無事に地鎮祭を執り行う事が出来ました。

一時は雨も降って来ましたが、式の最中はお陰さまで雨も降りませんでした。

 

お引き渡しは来年の3月となっております。

そこにめがけて一生懸命仕事をしたいと思います。

 

I様、本日はおめでとうございました。

どうぞよろしくお願い致します。

P1120134.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1120149.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kominkalife (2014年8月12日 20:13)


菊池さんちを見てみよう!vol.4 完成見学会

菊池さんちを見てみようvol.4 

完成見学会のお知らせ

 

この度無事に菊池さんのお宅が完成致しました!

構造材は金山杉を使い、床板は栗駒杉を使いました。

一部北海道産の楢の床板を使用。

階段板はヤマザクラ。

家具には山形県産のシオジを使用しています。

上がり框や敷居にはホオノキ。

その時々、そこにある材料を使わせて頂きました。

 

そして、住居部分には合板を一枚も使わずに仕上げました。

 

設計は由利設計工房の由利収さんと古民家ライフ㈱。

 

オール手刻み。

 

畳の間からは蔵王が一望できる絶好のロケーションです。

 

細部にまでこだわり抜いた住宅を是非ご覧頂ければと思います。

場所 蔵王みはらしの丘 みはらしの丘小学校近く (下記地図参照)

日時  4月26日(土) 9:00~17:00
     4月27日(日) 9:00~17:00 

     4月28日(月) 9:00~16:00

連絡先  メール mail@kominkalife.com

               電話  023-625-8135  090-1063-5192(高木)

 

1404_古民家ライフB4_F3.jpgのサムネイル画像

 

 

kominkalife (2014年4月25日 20:51)

本社. 〒990-2403
山形県山形市大字岩波41-10
電話. ☎023-625-8135